Win,Macブラウザでスーパーリロードする方法

よこのじ(@yokonoji_work)です。

Webページの再読み込みを行うとき、通常はリロード(F5更新)を行いますが、スーパーリロードという再読み込みの方法も存在します。両者の違いと使いどころ、実行するためのショートカットキーを見てみたいと思います。

リロードとスーパーリロードの違い

リロードとスーパーリロードはどちらもページの再読み込みを行うものですが、キャッシュデータをそのまま使うか・使わないかの違いがあります。

リロード

現在のページを再読み込みする。

スーパーリロード

キャッシュデータを無視して現在のページを再読み込みする。

これにより、ブラウザのキャッシュデータが上書きされます。
スーパーリロードは「フルリロード」「強制再読み込み」「キャッシュクリア」などと呼ばれることもあります。

スーパーリロードの使いどころ

Webサイトの更新をしたのに、古いまま変わっていないという場合に利用されます。

例えば、cssが反映されず表示が変わらなかったり、jsのスクリプト処理が反映されず意図した動きにならなかったりする問題を解決できます。

通常、ブラウザは何度も同じデータを読み込まないためにcssやjsなどのファイルを一定期間キャッシュ(コピー)しておき、キャッシュしたデータを使ってWebサイトを表示しています。よって、古いファイルをキャッシュしたままですと、Webサイトの更新が反映されません。

スーパーリロードを行うとcssやjsの再読み込みを行って上書きすることができますので、Webサイトが最新の情報で表示されることになります。

なお、スーパーリロードでも改善されない場合は、ブラウザのキャッシュデータ(一時ファイル)の削除を行うと改善されるはずです。

ショートカットキー

スーパーリロードはブラウザ、OSにより実行方法が若干異なります。

Google Chrome

Windows

  • Shift + F5
  • Ctrl + Shift + R

Mac

  • Command + Shift + R

※MacのShiftキーは「↑」という表記の場合もあります。

Firefox

Windows

  • Ctrl + F5
  • Ctrl + Shift + R

Mac

  • Command + Shift + R

Microsoft Edge

  • Ctrl + F5
  • Ctrl + R

Internet Explorer

  • Ctrl + F5

Safari

Windows

  • Ctrl + R
  • Ctrl + Shift + R

Mac

  • Command + R
  • command + option + E