【初心者向けのGAS】スプレッドシートの列幅を自動調整する方法

よこのじ(@yokonoji_work)です。

Google Apps Script(GAS)で「スプレッドシートの列幅を自動調整する方法」をご紹介します。

行幅(高さ)の自動調整については「【初心者向けのGAS】スプレッドシートの行幅(高さ)を自動調整する方法」を参照ください。

スプレッドシートの列幅を自動調整する方法

スプレッドシートの列幅を自動調整するためには、対象のシートを指定しておく必要があります。

// スプレッドシートを取得する 
var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); 
// シートを取得する
var sheet = spreadsheet.getSheetByName("シート1");

そして、autoResizeColumnsメソッドで列幅を自動調整したい列(カラム)を指定します。

sheet.autoResizeColumns(2, 3);

autoResizeColumnsは、開始列とそこから何列を自動調整するかを指定します。

上の記述例では、2列目から3列分を自動調整するように指定していますので、B, C, D列の列幅が自動調整されています。

列幅の自動調整

1つの列の幅を自動調整する autoResizeColumnメソッド というものもありますが、autoResizeColumns(2, 1)のようにautoResizeColumnsメソッドでも1列のみの自動調整は可能になっています。

また、とても残念なことですが、日本語ではうまく自動調整してくれないようです(英数字はきちんと自動調整してくれます)。

日本語では、列幅は自動調整されない

B列には「あああ」、C列には「ああああ」、D列には「あああああ」を記述しているのですが、実際の列幅よりも小さい列幅にされてしまいます・・・(バグでしょうかね?)。この点はお気をつけください。

 

【初心者向けのGAS】スプレッドシートのセルの値をカット & ペーストする方法」をご紹介していますが、この処理のあとに列幅の自動調整を行うと良さそうですね。

Google Apps Script(GAS)の本↓は、プラグラミングスクールの教材になるほど強力な本。