【初心者向けのGAS】スプレッドシートのセルの値をカット & ペーストする方法

よこのじ(@yokonoji_work)です。

Google Apps Script(GAS)で「スプレッドシートのセルの値をカット & ペーストする方法」をご紹介します。

セルの値をコピー & ペーストする方法は「【初心者向けのGAS】スプレッドシートのセルの値をコピー & ペーストする方法」でご確認ください。

スプレッドシートのセルの値をカット & ペーストする方法

スプレッドシートのセルの値をカット & ペーストするためには、対象のシートを指定しておく必要があります。

// スプレッドシートを取得する 
var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); 
// シートを取得する
var sheet = spreadsheet.getSheetByName("シート1");

セルの値をカット & ペーストするには、moveToメソッドを使用します。メソッド名の通り「移動」させます。

sheet.getRange(2, 2).moveTo( sheet.getRange(2, 3) );

この例では、移動元のセル(B2セル)を getRange(2, 2) と指定して、移動先のセル(C2セル)を moveToメソッドの引数に getRange(2, 3) として渡しています。

moveToメソッドによる移動

moveToメソッドでは、このように文字色などの装飾を保ったままセルの値を移動できます。

 

その他の方法として「【初心者向けのGAS】スプレッドシートのセルの値をコピー & ペーストする方法」と「【初心者向けのGAS】スプレッドシートの列を削除する方法」を組み合わせて、コピーした後に元のセルの値を削除する方法もあります。

使うメソッドを増やしたくない場合は、この方法でも良いでしょう。

Google Apps Script(GAS)で社内システムと呼ばれる程のものを作って貢献できたら・・・うれしいですね。