【初心者向けのGAS】スプレッドシートのセルの値をクリア(削除)する方法

よこのじ(@yokonoji_work)です。

Google Apps Script(GAS)で「スプレッドシートのセルの値をクリア(削除)する方法」をご紹介します。

セルへの値の書き込みは「【初心者向けのGAS】スプレッドシートの指定したセルに値を書き込む方法」を参照ください。

スプレッドシートのセルの値をクリア(削除)する方法

スプレッドシートのセルの値をクリア(削除)するためには、対象のセルを指定しておく必要があります。

// スプレッドシートを取得する 
var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet(); 
// シートを取得する
var sheet = spreadsheet.getSheetByName("シート1");
// セルを取得する
var range = sheet.getRange(2, 2);

そして、セルの値をクリア(削除)するには、clear()メソッドを使用します。

range.clear();

この例では B2 セルを指定していますので、このようにセルの値がクリア(削除)されます。

セルの値をクリアする

clear()メソッドで注意が必要なのは、セルに適用している塗りつぶし、文字色、フォント、中央寄せなどの情報も初期値に戻ることです。

これらの装飾は残しつつセル内の文字・数値だけをクリアしたい場合は、オプションを設定します。

range.clear({ formatOnly: false, contentsOnly: true });

formatOnly は装飾を消すかどうかの設定です。contentsOnly はセルの内の値を消すかどうかの設定です。

formatOnly: false, contentsOnly: trueであれば、装飾は残して値のみクリア(削除)しますので、図のような結果が得られます。

装飾は残して値をクリアする

 

セルの値をクリア(削除)する前にコピーするなら「【初心者向けのGAS】スプレッドシートのセルの値をコピー & ペーストする方法」を参照ください。

Google Apps Script(GAS)で自動処理させて、浮いた時間はのんびりする。そんな人もいるらしい。