サイトワイドリンクにSEO効果はない?Googleの評価とペナルティを調査

よこのじ(@yokonoji_work)です。

サイトワイドリンクという用語をご存知ですか?。Run of Site(ROS)とも呼びます。

サイトワイドリンクとは、メニューバーやサイドバー、フッターのような全ページに共通して存在するスペースに貼られたリンクのことです。これによりページの数だけ内部リンクが増えたり、サテライトサイトのフッターから本サイトへのリンクを貼った場合には多くの被リンクを得ることになります。

一般的なサイト構成であれば、悪意を持たずともこのようなリンク構造を持ちますが、そのようなリンクにSEO効果があるのか?ペナルティにならないのか?ということは気になるところだと思います。

今回はこの疑問について調査してみました。

サイトワイドリンクにSEO効果はない

サイトワイドリンクに特にSEO効果はありません。サイトワイドリンクがSEOに与える影響は、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)が説明しています。

サイトワイドリンクを利用してサイト全体にリンクを巡らせることは、自然で適切なリンクであればスパムにはなりません。例えば、「プライバシーポリシー」「プロフィール」「お問い合わせ」といった項目は、そのサイトに関連するものであるため、自然なリンクとみなされます。

特定のサイトを宣伝するような目的のリンクや関連性のないページヘのリンクなどはスパム判定される可能性がありますので、貼り付けるリンクのテーマ内容には気をつけましょう。アルゴリズムだけではなく、場合によっては手動での判定も行われているようですよ。

人気記事やおすすめ記事のような自身のサイトのコンテンツであれば、基本的には問題ないはずです。

また、サイトワイドリンクによる多くのリンクには意味がないことも説明しています。

例として、キーワードの評価を見てみます。あるキーワード(例えば、SEOというワード)をGoogleが評価するとき、1つ目を評価 -> 2つ目を少し評価 ->3つ目をほんの少し評価 という形で評価します。これは大量にキーワードを詰め込んだとしてもある一定の数までしか評価に考慮されないということを意味しています。

リンクの数とSEO評価

サイトワイドリンクに対する評価も同じです。多くのリンクが貼られたとしても、1つあるいはごく少数のリンクしか評価されません。つまり、サイトワイドリンクにより多くの被リンクを得たという評価にはならないですし、逆に大量のリンクがスパムとなることもありません。

参考:How does Google consider site-wide backlinks?

 

まとめると、サイトワイドリンクはSEO評価に特に良い影響はなく、内部リンクの範囲内ではスパムとなることはないと言えます。外部リンクを貼る際には、そのサイトとテーマが一致しているかということには注意が必要です。

メニューバーやサイドバー、フッターはどのように活用するのが良いでしょうか?

これらの役割はナビゲーションすることなので、サイト内の全てのコンテンツに簡単にアクセスできるような動線を用意する必要がありそうです。そうすれば、直帰率や滞在率の改善につながります。

関連:平均値まで下げたい!高い直帰率・離脱率を下げるための改善方法

しかしながら、思わずクリックしたくなるようなメニューバーやサイドバーを作ることは簡単ではないと感じます。興味を引くためのライティングスキル、使いやすいと感じるUI/UXを取り入れたデザインを考えたいですね。

 

“高いSEO効果”がある被リンクを獲得するための完全ガイドです。合わせてご確認ください。
関連:リンクビルディング SEOに効果的な被リンクを増やす方法