【MAMP】初心者がPHPを使うためのローカル開発環境

よこのじ(@yokonoji_work)です。

PHPのコードをHTMLと混ぜて書いたindex.phpをブラウザで開いたけど表示しない・・・。それもそのはず。PHPの処理はサーバー上で行われて、その結果をブラウザに返して表示させる仕組みですので、サーバー環境がないと動作しません。

しかし、レンタルサーバーなどにファイルをアップロードして動作確認をする必要はありません。PHPの開発環境としてローカルにサーバー環境を構築すれば、PHPの動作確認は簡単に行なえます。

そのためのツールがMAMPです。今回は、インストールするだけで使えてしまうMAMPをご紹介します。

最初はVirtualBox&Vagrantでした

私はPHPの学び初めとしてドットインストールを利用しました。そこではローカル開発環境の構築をVirtualBox&Vagrantで行う方法が紹介されています。

  • VirtualBox – 仮想環境の構築
  • Vagrant – 仮想環境の起動
  • PuTTY – リモートコンピュータと通信(SSH)
  • Cyberduck – 仮想環境にアクセス

Vagrantはローカル開発環境の構築において一般的に利用されているツールで、仮想環境をファイルとして配布できチームで共有して開発を行えるというメリットがあります。

しかしながら、上記のツールで構築したローカル環境は使う前にコマンドで環境の起動を行う必要があります。個人的にはそのプロセスが億劫で、PHPの学習が進まない要因となっていました。そこで、お手軽なローカル環境構築ツールのMAMPとXAMPPを検討することとなりました。

XAMPPではなかった

MAMPとXAMPPは両方とも試しました。どちらを選択するかにあたっては「手軽さ・簡単さ」を重視しましたので、実際にPHPファイル「index.php」をブラウザで表示させることをやってみました。

XAMPPでindex.phpを表示させてみましょう。

845-php-mamp-config

こちらは起動して設定画面を開いた状態ですが、私はこれらの画面を見てもルートフォルダが分からず、どこにindex.phpを保存すれば良いのかも分かりませんでした。

調べてみると、ルートフォルダは「htdocsということで、このフォルダにindex.phpを保存すればブラウザで表示させることができます。

845-php-mamp-config-htdocs

しかし、ここには初期状態でファイルが保存されていますので、プロジェクト用のフォルダとして「test」フォルダを作りました。あとは、WebサーバーであるApacheをstartで立ち上げて、URLを「localhost/test/」に変更してあげればindex.phpの内容を表示できます。

一度やり方を知ってしまえば、簡単に使えますね。しかし、迷うことなく使えるツールとして初心者におすすめすることを考えると、XAMPPではないと思いました。

ちなみに、XAMPPは

  • X クロスプラットフォーム(Windows,Linux,Mac)で
  • Apache(Webサーバー)と
  • MySQL(データベース)の環境を簡単に構築できて
  • PHPと
  • Perlを手軽に利用できるツールです

MAMPとは別のプロジェクトにより作成されたツールです。

選んだのはMAMPです

MAMPは、XAMPP以上に手軽で簡単に使えるツールです。

  • Macで
  • Apache(Webサーバー)と
  • MySQL(データベース)の環境を簡単に構築できて
  • PHP、Perl、Pythonを手軽に利用できるツールです

なお、Windowsにも対応していますし、WebサーバーNginx、プログラミング言語Rubyにも対応しています。

それでは、MAMPでもindex.phpを表示させてみます。

845-php-mamp-phphtml-mamppreference2

MAMPの管理画面はシンプルです。設定より「Web Server」を見ると、すぐにルートフォルダが分かります。「Open」を押すとフォルダが表示されますので、そちらに「test」というフォルダを作ってその中にindex.phpを保存します。

845-php-mamp-phphtml-mamproot

そして「localhost/test/」にアクセスすると、index.phpが表示されます。

または、Web Serverの設定画面でSelectにて任意のフォルダを指定しても良いですね。そのフォルダにindex.phpを保存すれば、Open start pageで開いた画面の「My Website」で簡単にアクセスできるようになります。

845-php-mamp-phphtml-mysite

また、指定した任意のフォルダがルートフォルダになりますので、そのフォルダの中でさらに「test1」「test2」のようにプロジェクトごとにフォルダ分けすることもできます。その場合は「localhost/test1/」「localhost/test2/」でアクセスします。

インターフェースが美しく簡単に使えるMAMPは、PHPのローカル開発環境を構築するツールとしておすすめですので、ぜひ使ってみてください。

Paiza.ioはちょっとした確認に最適

https://paiza.io/ja

Paiza.ioでは、Web上で主要なプログラミング言語を動作させることができます。

もちろん、PHPも。

845-php-mamp-phptext

出力結果をテキスト形式で表示させるだけではなく、HTML形式で表示させることも可能です。

845-php-mamp-phphtml

ちょっとした動作確認であれば、Paiza.ioは手軽に利用できる良いサービスだと思います。

 

 

WordPressでも利用されているPHPは、まだまだ人気です