正しいおしりの拭き方!キレ良くきれいにうんちを拭き取る方法

よこのじ(@yokonoji_work)です。

うんちした後にきれいにおしりを拭けるかどうかは、その後の気分を左右しかねない大きな問題です。うまく拭けてなくてパンツに付いてないか?とか、おしりがかゆい・・・とか気になります。

ササッときれいにおしりを吹くことが出来たら、時間もかからず、トイレットペーパーの節約にもなる!?

しかし、正しいおしりの拭き方なんて習ったことはなく、なんとなく習慣で出来上がった形で拭いているはずです。今回は、おしりをきれいにする正しい拭き方について見てみたいと思います。

汚いおしり、前から拭くか?後ろから拭くか?

私(男)は後ろから拭く派なので前から拭く人がいるなんて知ったときは驚きましたが、意外と多いものです。

前から拭くか、後ろから拭くか

【衝撃】女性の4割は「うんちの拭き方」が不衛生だった!? – しらべぇ

  • 前から:前から手を入れて、後ろから前にに拭き取る
  • 後ろから:後ろから手を入れて、前から後ろに拭き取る

男性の場合は前にアレが付いていますので、多くの人は後ろから拭いているようです。女性の場合は前から拭く人がわずかに多いですが、後ろから拭く人も同じ程度いるようです。

おしりを前から拭くのは危険

うんちをした後のおしりを前から拭くと、肛門から出てきた大腸菌が尿道から膀胱に侵入して、急性(単純性)膀胱炎になる可能性があるからです。

特に女性の場合は、男性と比べて尿道が短いので大腸菌が膀胱に届きやすいため、膀胱炎になる方が多いそうです。大のあとのおしりは前からではなく、後ろから拭くようにしましょう

じぶんでおしりふけるかな

じぶんでおしりふけるかな

膀胱炎とは菌の侵入により起こる病気ですので、水分をとっておしっこで菌を流したりして予防することができます。

■ 予防方法は

  • 水分を多めにとる。
  • 尿を我慢していると膀胱内に細菌が繁殖しやすくなるので、なるべく我慢しない。
  • 性行為の後は排尿する。
  • 腰まわりを冷やさないようにする。
  • 排尿・排便後の拭き方に注意し、前から後ろに拭く。
  • 温水洗浄便座は膣内の細菌を尿道に押し込むことがあるので、膀胱炎を繰り返しやすい人は使用を控える。

膀胱炎の正しい知識と治し方 – 同友会グループ

おしりを締めて、やさしく拭く

正しい拭き方をすれば、何回拭いてもきれいにならないということはありませんし、おしりを傷つけることもありません。そのために、まずはうんちした後のおしりの状態を知りましょう。

うんちをした後、肛門からなにか出てきているのを感じたことはないでしょうか?

直腸の粘膜

猫の脱肛~症状・原因から予防・治療法まで

その正体は直腸の粘膜です。若い方の場合はすぐに引っ込むので気にしたことはないかもしれません。

直腸の粘膜は傷つきやすいですし、肛門の内側から出てきているわけですからうんちも付いています。よって、トイレットペーパーでおしりを拭く前に、まずは直腸の粘膜を中に戻す必要があります。

鵜川医院の鵜川先生が、直腸の粘膜はおしりを締めることで肛門に収まると説明されています。それでも収まらない場合は、トイレットペーパーでやさしく丁寧に押し込むようにして中に戻します。

うんちが出ると直腸の粘膜が裏返りながら飛び出てきますが、若い方では直後にスルスルと引き込まれていきます。
(中略)
したがって排便後、まずはきちんとお尻の筋肉をしめましょう。これは若い方でも大切です。

お尻の筋肉を締めるだけできちんと粘膜が収まる方は良いのですが、ちょっとまだ今ひとつ戻りきらない方がいらっしゃると思います。そう言うときには、花王サニーナをしみこませたトイレットペーパーを使い、周囲から優しく指で押し込むようにして露出した粘膜は直腸の中に戻してしまいましょう。戻した後、きちんとお尻の筋肉を締めましょう。

戻さないまましつこく拭いて「きれいにならない、きれいにならない」と言っている方がいます。粘膜が刺激されてひどい事になっていますからすぐにわかります。あんまりお尻をいじめないでください。

ただしいお尻の拭き方

私の場合は、お尻の穴にギューギューと長めに力を入れて締めることを何度か繰り返しています。

しっかりと直腸の粘膜が元に戻ったと思ったらトイレットペーパーでおしりを拭くのですが、正常に直腸の粘膜が収まっていれば、この段階でほぼうんちは付きません。

擦るのではなく、押し当てながらゆっくりと拭うイメージでやさしく拭くことを2,3回繰り返せばキレ良くうんちを拭くことができます。

私はウォシュレット(温水洗浄)をしませんが、それでもきれいに拭くことができていますよ。

トイレの蓋を閉めること

トイレの蓋を閉める理由には、暖房便座の節電や物・お子さんの落下防止などがありますが、ウイルスや菌の飛散を防ぐ理由もあります。

イギリス リーズ大学のMark Wilcox教授らの調査によると、トイレの水を流した勢いでウイルスや菌が舞い上がり空気中で拡散することが確認されています。高さは便座から26cm、滞空時間は90分以上とのことです。

参考:ふたを閉めないでトイレを流すことで病原性細菌感染の恐れ

トイレットペーパーや水を流すレバー、タオルにドアノブなどの到るところに飛散したウイルス・菌が付着する可能性がありますので、ノロウイルスのようなウイルスの感染を防ぐためにもトイレの蓋はしてたほうが良さそうです。

正しいおしりの拭き方まとめ

最後に、正しいおしりの拭き方をまとめておきます。

  1. 男性も女性も、おしりは後ろから拭きましょう。
  2. うんちの後は、おしりに力を入れて直腸を中に収めましょう。
  3. おしりは擦らずに、やさしく拭うだけにしましょう。
  4. トイレの水を流すときは、蓋を締めましょう。

以上の方法で、気分良くトイレから出てくることができるようになるはずです。ぜひ試してみてください。

 

うんちを流した後にどうやって処理されるのかについても書いています。

関連:うんちはどうやって処理されて、どこにいくのか?

 

おしりがキレイだと気分も良くなる…気がします