リンクジュースを渡さない?SEO効果を得るには発リンクを減らす方が良いのか

よこのじ(@yokonoji_work)です。

  • 被リンクが多いことは、そのページの質が高いと判断される要素の一つ
  • テキトーに作ったサテライトサイトからの被リンクはSEO効果がない

この2つは相反することのように見えますが、被リンクによるSEO効果はリンクジュース(Link Juice)という考えに基づいていて、被リンクの質も考慮されるため間違っていません。

発リンク側のページはページ評価をリンク先に渡す仕組みなのですが、そうなると「発リンクは減らす方がSEOにとっては良いのは良いのか?」という疑問が湧いてきます。

今回はSEO対策のための被リンク・発リンクについて確認してみたいと思います。

リンクジュースとは?

リンクジュースとは、あるページから別のページに向けてリンクが貼られたとき、ページが持つ評価をリンク先に渡すことのSEO用語です。

検索エンジンは、この評価(ジュース)の合計をページの質を判断する一つの指標にしています。

リンクジュースの考えに基づいて被リンクのSEO効果を考えると、良質なページから被リンクを受けるほど、その数が多いほど高い評価をもらえるとわかります。

リンクジュースとは

この図のように、被リンクを受けて注がれたジュース(評価)の量が評価の度合いを示します。

逆に、あなたのページから外部サイトへ向けてリンクを貼った場合、あなたのページが持つ評価はリンクを貼った分だけ分散されてリンク先のページに注がれます。

外部サイトへのリンク

これは、内部リンクについても同様だと考えられています。信頼できる情報として外部サイトへのリンクを貼ることはとても親切で意味のあることだと思いますが、無闇に外部にけてリンクを貼ると内部リンクを介して他のページに注がれる評価が少なくなりますので注意が必要です。

リンクジュースは、リンクエクイティー(link equity)とも呼ばれています。これは、リンク評価の差し引きを行った結果の量というニュアンスです。

この差し引きという考えをもとに、どのようにリンク評価を得て、その評価をどこに向けて注ぐのかという工夫をすれば、SEO対策の方法がイメージしやすいのではないでしょうか?

適切なリンクジュースの受け渡しを行えば、SEOには確実に良い影響があります。

以下のGoogle Analyticsのスクリーンショットは、リンクジュースを作成することでGoogleのランキングが向上し、その後、彼らのリンクジュースを改善することに集中することに決めた鍵屋ウェブサイトのウェブサイトトラフィックです。

アクセス数の増加

Glossary: Link Juice – The Daily Egg

リンクジュースは評価を漏らすのか?

リンクジュースの仕組みを知ると、気になるのが発リンクが多いとそのページのSEO評価が下がるのか?ということです。実際のところ、Googleのアルゴリズムは公開されていませんので、評価が漏れてSEOに不利になるのかはわかりません。

しかし、Googleのヘルプを見てみると、ふさわしくないリンク先を指定する場合にはnofollowを付けることをおすすめする記載があります。

次のような場合は、nofollow を使用することをおすすめします:

信頼できないコンテンツ: サイトのリンク先のページのコンテンツを保証できない、あるいは保証したくない場合(リンク先が信頼性のないユーザー コメントやゲストブック エントリの場合など)は、このようなリンクを除外します。これにより、サイトが不正行為者のターゲットになることを阻止でき、不正なウェブサイトの PageRank に貢献しないようにできます。

有料リンク: Google の検索結果のサイト ランキングでは、有料サイトにリンクするサイトについての分析結果も一部考慮されています。有料リンクによって検索結果に影響が生じたりユーザーに悪影響が及んだりしないように、ウェブマスターは有料リンクに nofollow を使用することをおすすめします。

クロールの優先順位: 検索エンジン ロボットは、メンバーとしてフォーラムにログインすることも登録することもできません。このため、Googlebot で「ご登録はこちらから」 や「ログイン」のリンクをたどる必要性はありません。このようなリンクで nofollow を使用すれば、他に Google インデックスへの登録を優先したいページが Googlebot でクロールされるようになります。

特定のリンクに対して rel=”nofollow” を使用する(一部を抜粋)

これは、ユーザーに不利益を与える、または意味のないリンクに対してはnofollowを付けてクローラーに評価が不要なリンクだと伝えるべきだということです。

ユーザーの不利益になるようなリンクをあなた自身が貼っていないとしても、そのようなリンクを外部ユーザーがコメント欄に貼ってしまう可能性はあります。

私がコメント欄はいらないと判断したことを書いた記事では、コメント欄の管理はサイトの運営者にあるということを紹介しました。ユーザーがコメント欄に貼ったふさわしくないリンクがSEOに悪い影響を与えてもあなたのせいですので、注意しましょう。

さて、「不正なウェブサイトの PageRank に貢献しないよう」という記載があるように、リンク先のSEO評価はリンクにより良い効果があるのは間違いないでしょう。

そして、発リンクによってSEO評価が下がることはないと考えられます。むしろ、発リンクにより検索順位が上がったという情報さえあります。

Googleの基本的な方針に立ち返ると、「ユーザーに有益な情報を提供する」ということを何よりも重要視していることを思い出すはずです。そうであれば、発リンクは情報の信用度を上げるものですのでSEO効果があるものだと考えらます。

もちろん、リンク先のコンテンツの質が高く、自身のページのテーマと関連があることが条件のはずですので、やたらと発リンクを貼ればいいというわけではありません。

適切にリンクジュースをサイト内に注ぐ方法

内部リンクを最適化する方法

まず、リンクジュースをサイトの内部でうまく循環させる方法を見てみます。

これは単に記事の本文に内部リンクを貼れば良いのですが、リンクを貼るべき場所を知るために、次のようにGoogleの検索欄に入力してみてください。

site:yokonoji.work intext:SEO

検索演算子のsite:は、指定のドメイン・URLがインデックスされていれば、そのページを表示してくれるものです。intext:は、記事の本文(bodyタグ内)に指定のワードが含まれているページを表示してくれます。

本文のワードを調べる

これらを利用することで、あなたのサイトにある記事の中から指定のワードを含むページを抽出できます。これにより、関連のワードに内部リンクを漏らすことなく貼ることができます。

外部から多くのリンクジュースを得る方法

外部からリンクジュースを得ることができるような記事を書く方法も知っておくと良いでしょう。

それはスカイスクレイパー テクニック(skyscraper technique)という方法です。スカイスクレイパーとは、超高層ビルのことなので、階を積み上げることをイメージしてください。

  1. 被リンクが多い=質の高いコンテンツを見つける。
  2. そのコンテンツを拡張する。
    例えば、トップ10の紹介をトップ20にする。
  3. 古い情報は最新の情報に更新する
    最新の情報を提供することはSEOに良い影響があります。
  4. 美しい見た目に仕上げる。
    データをグラフや表で表示したり画像を使って、見やすく飽きないコンテンツにします。
  5. SNSなどを利用して広める。
    質の高いコンテンツはシェアされるので、リンクジュースを得ることができます。

参考:What is Link Juice? – woorank

これはコンテンツのコピーではなく、より有益で求められているものを提供するための工夫です。内容は被る部分があるとしても、オリジナリティを入れ込むようにしましょう。

 

“高いSEO効果”がある被リンクを獲得するための完全ガイドです。合わせてご確認ください。
関連:リンクビルディング SEOに効果的な被リンクを増やす方法